FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物のダイエット:空腹と仲良くなる方法♪ 正解=おなかすいたら「運動する」???!!!

「カロリーの嘘」ちょっとお休みして
しばらくは
「今」
「その時」
考えてることをつづることにしてみます

昨日2回目のプチ断食でいろいろと
感じることがあったので
気持ちの整理をしてみようっと
---------------------------------------------------

今日は
空腹と仲良くなる方法について

結論は

おなかがすいたら
とりあえず
「動こう」
動けばおなかがすかなくなるよ♪


です
おなかがすいてるのになんでわざわざ
ストレスためるようなことを??
矛盾してない?

って感じですよね

なんですが
ちゃんと理にかなってるんです♪♪

説明の順序が分かりづらかったら
ごめんなさい
一応順をおって

(ブログをはじめて割と始めの方に
書いたこととダブルところがありますが
悪しからずです)

常、本物のダイエットの
空腹に対するスタンス↓

×空腹を我慢する

◎空腹をわくわく楽しむ
 空腹と仲良くなる♪


いつも書いちゃうんですが
ほんとこれ大事です
今回はその理由をもう少し
詳しくつづってみます


カロリー主義だった頃の
私の空腹との付き合い方


① 少量ちょい食べでしのぐ
「おなかすいた~
 食事をわけて
 少しずつ食べよっと
 トータルカロリーが
 結局少なければ痩せるはず♪」

「血糖値が緩やかにあがるから
 推奨する人もいるし
 空腹もしのげるし
 一石二鳥じゃん♪」

Or

② 過食嘔吐してしのぐ

「我慢できない・・・・」
 
 ぷっつん(切れた音です)
 スーパー、コンビニで
 あほみたいに買います
 買います
 買います

 ドカ食いします
 吐きます


Or


③ 間食などでしのぎ
食事を減らす


(ちょい食べの栄養素がさらに
 とれないケース)

「仕事終わって自宅でフリー
 夕食までまだ3時間もある・・・
 母親がいて過食嘔吐できない・・・

 我慢できなくて
 豆乳ヨーグルトとか
 フルーツとかで
 
 「しのぐ」
 
 といっても食欲が抑えきれないので
 カロリーにすれば
 一食分に相当する量くらいは
 さくっと食べちゃう

 ↓
 
 「カロリーオーバーになっちゃうから
  夕食控えなきゃ」

 「ストレス・・・」

 「夜食にかぼちゃとかヨーグルトなら
  いいよね」

  と結局
  間食
  夕食
  間食
  と結局
ちょい食べちょい食べ

----------------------------------------------------


この2~3ヶ月
毎日は無理だけど
ようやく
本心からできるように
なりつつある今の空腹との付き合い方



本当のダイエットの
空腹との付き合い方




「おなかすいてきたな
 ってことは
 今
 脂肪が分解されてケトン体になってる

 ってことは
 脂肪がこれから燃焼されてるんだな♪♪」

という理解がまず第一歩


そして次は行動

空腹を感じたら
とにかく動く!!!!

なぜか?




空腹を感じる
=血液中の糖分がなくなってるサイン



身体が
脳などに糖分を送りたい為
こう言ってます

「俺の大事な大事な脳ちゃんが
腹減った言うてるやん
なんか体にいれてやってんか~」




ここで無視します
=何も食べない

 ↓

身体は

「も~ しゃーないなぁ
脳ちゃんは糖分以外は嫌って
食べず嫌いな子やし・・・
へそくりおろすか」



脂肪をケトン体に変えて
糖質の代わりとして融通します



身体
「は~ やれやれ
 脂肪が材料の糖分も
 結構いけるやん
 脳ちゃんも
「美味しい♡ありがと♪」
 って満足みたいや
やれやれやわ」


血液中に糖分が入るので
空腹感がどこえやら
消えていきます



「おなかすいた!!! 
 限界!!! 」
 の後
 仕事やなんやで
 空腹我慢してたら
 知らない間に
 空腹じゃなくなってる

 「あれ
 あんだけおなかすいてたのに
 今は平気だわ」

 って毎日経験してませんか?

要はこのことです

空腹



血糖中から糖分がなくなった時
脂肪から糖分をつくる作業
ができる唯一のチャンス


だから空腹中に
できるだけ動けば
じゃんじゃん
脂肪から糖分がつくられるので
血液中に糖分が支給されて
脳に届けられる

ので
空腹感が収まる
というわけです



------------------------------------

これの逆で
空腹を嫌ってばかり
空腹から逃げるとどうなるか

一日のカロリーは少ないから~と
少しずつのちょい食べ
ばかりしていると



空腹の時間をつくってあげないと

どうなるか?



身体
「なんやまた糖分なくなったから
 脂肪から糖分つくらなあかんわと
 思とった矢先に

 なんやよそから
 また糖分入ってきたわ
 
 こら楽やわ~♪♪

 
 な~んもせんでえーねんもん」



血液中に糖分がなくなった時に
自分自身で脂肪から糖分を作り出そうとする
その指令伝達系統が弱ってきます




脂肪を分解するのがへたっぴな
体になっていきます




空腹を感じると
自分で糖分をつくらなくても
外から手に入れられることを
ちゃっかり覚えた体は

自分は働かず要求ばかりします



食欲が益々増大します



① 脂肪を分解しようとしなくなる
② 食欲がますます増える



他にも
食後に血糖値が上がると
上がりすぎないように
抑えるためのインシュリンが
分泌されるのですが
ちょい食べを繰り返すと
インシュリン分泌も正常に
働かなくなるケースが多いようです
ゆえ、糖尿病などに繋がります

ちょい食べの空腹しのぎは
悪いことづくめです



血糖値を緩やかにあげて
空腹感をしのいで~
と推進するダイエットアドバイザーは
私は信用するべきでないと
思います

ちょい食べで運動までやりすぎるくらいやりすぎて
カロリーももちろん足りてなくて
痩せない時期をどれほど涙で過ごしたか・・・



なので
本物のダイエットでは
空腹大歓迎♪♪が
正しいスタンスというわけです

おなかがすいたらとりあえず体を動かす

自動的に体が糖分をつくる
しかも脂肪を使って♪♪

自動的に血液中に糖分が出てきて
空腹感は収まる


脂肪は分解されて燃焼準備に入るし
空腹はおさまるし
さらには
デトックスモードにはいるし
何より食事を美味しく楽しめるし
いいことづくめ♪♪

(空腹後の食事で過食になぜ走らずに
すむかはまた後日改めて)


ついつい最近先進国にだけ
訪れている飽食の時代の前
人類は空腹の時間といつも一緒に
いたわけだから

体にとって悪いことよりいいことが
多いのは当たり前のことなのかもなー

思いました
「本来のあるべき状態に戻る」
いろんな側面から
もっと考えていきたいテーマです




ちなみに今日は
帰宅してすぐ洗濯物を取り入れて
自宅の窓掃除をしました

身体を動かして空腹がなくなるし
環境のデトックスもできるし
大満足です

この記事を書いている今は
1時間ちょっとしかたってませんが
もう
血糖中に糖が出てきているみたいで
空腹感はなくなっています

夕食が楽しみ~♪♪
スポンサーサイト

カロリーの嘘 その③ 生理中のダイエットはストレスになるだけなのでやめましょ~

今日は
カロリーの嘘で
生理について

今回は私の実経験はさほど
入っておらず、見聞きしたうんちく
メインになります
悪しからずです

なぜかと言うと、
食事・運動において
カロリー主義のダイエットを
ずっとしていたので
生理がしょっちゅう止まってたんですよね(汗)



生理前の体重増加が結局
いつだったのか
ダイエットの失敗だったのか
混乱した状態のままだった為・・・

この3ヶ月くらいはおかげさまで
食べれるようになってきたからか
朝酵素をたっぷりとって
身体がデトックスされて
本来の状態に戻ってくれているようで


やっと定期的に生理が来てます♪
生理前後の実経験も
今後もっと紹介できればと思います

「ダイエットは生理後~1週間がチャンス♪」

「生理前1週間~生理中は
 努力しても痩せにくい時期なので
 フラストレーションばかりたまる時期
 体重維持できれば関の山 
 程度の心持で♪」




理由を大雑把にあげると

「生理前」

皮下脂肪を作ろうとする
② 生理で出血する分の
水分量を確保しようとする
(増える重量=水)


「生理後」

内臓脂肪を抑えようとする
② 水分代謝が元に戻る
(減った重量=水 残念(泣))
ですって


一応昔から知識としてはあったので
体重が減らない時期も
「そろそろ生理が来るのかな
 だからだよね?だよね???」
って
自分を励ます材料にしてきました(笑)


カロリー主義ダイエット
有酸素運動しまくってるのに痩せない(悲鳴)!!
食べていないのに痩せない(怒)(泣)!!



生理前に体重が減らなくても気にしない♪♪



生理前は一生懸命にならない方がお得
ダイエットはお休みモードにしましょ♪



生理が終わるまで
自分のわがまま聞いてあげましょう♪
たまには甘いものでも食べましょう♪♪




ダイエットの必要があるなら
生理が終わったら
トイレも煩わしくない
すがすがしい気持ちで
身体の声を聴く
わくわくダイエットに戻りましょう♪


-------------------------------------------------
すいません下記は
前回ブログの訂正です
ブログ自体は訂正してあるのですが
前回ブログをお読み下さった皆様へ

ウォッカを毎日1~2瓶あけて
カロリー換算して
5000~7000!!

と書いてしまってのですが
誤りです・・・・
アルコール100%で計算していました

自分で書きながら
「すげーこわー・・・・」
とかびっくりしてた有様(笑)

下記訂正文章です

-----------------------------------------------------
なので20代後半から
カロリーにすると
1瓶750ccとして 
(だいたい35~40度のウォッカを飲んでました)
お酒だけで2000~2500kcal!!!
プラス食事を1000~1500kcal摂取してましたから

毎日
3000~4000kcal 摂取してたことになります


----------------------------------------------------------------

カロリーの嘘 その② アルコールは高カロリー!の正しい理解

カロリーの嘘、続きいきたいと思います。
今日は
アルコールのカロリーの嘘
について

いまだに、アルコールはカロリーが意外と高いよ
ダイエット中は飲みすぎに注意しましょう
とか
飲んでる時には食べすぎるので
それで太ります
油ものなど食べすぎ注意
とか
適当なあおり文句が
ダイエット記事に多すぎる感があります

飲んでる時の食べすぎ注意は
本当のことですが、
言葉が不足すぎです

これを機会に
正しい
アルコールのカロリー

勉強しましょう♪♪

アルコール依存症だったるいべじは
克服後の今アルコールは一滴も飲めません


皆様にはアルコールによる
楽しみ、わくわく
ときめき を思う存分楽しんで欲しいです



アルコールは高カロリー!!
の誤った情報で
せっかくの時間を
カロリーでびくびくするのは
もうおさらばしましょう!!



下記はおさらいなので不要な方は
読み飛ばして下さいね

前回のおさらい

るいべじの、シンプルでわかりやすい
説明の為の練習・・・悪しからずです
----------------------------------------------------------------------
カロリーって水の温度を上げるのに
どれだけその食べ物が貢献できるかって
その目安に過ぎないということ
(水1g1度上げるのに1kal)

↓カロリー主義のダイエット
基礎代謝

活動代謝
を言われた通りに計算してみて

出した数字から少なくなるように
一生懸命
摂取カロリーを計算して
摂取を減らす

もしくは
活動代謝カロリーを多くする為に
一生懸命運動でカロリーを作り出そうとする

その労力に100%そそぐ
ダイエット

そんなダイエットは既に
時代遅れになってきています

(運動はもちろん健康に良い
 ということは前提で
 減量方法としては不向きだという意味で)


↓本来あるべきダイエット
 (本来の動物として生命活動に適した
最適な軽い身体に戻りたい
と体が自然に向かうこと)




① 摂取したものを
脂肪に変えないようにする

② 太り体質→やせ体質に変える


カロリーオーバーなのに
栄養不足で「飢餓状態」
になっている現状の体

体を守る為
脂肪をじゃんじゃん作っている体

太り体質から






やせ体質に変える


十分な栄養を摂取することで

体が
「これ以上は摂取したくない」と
自然に声に出してくれるので
食欲を抑えられるということ


「これ以上は脂肪にしたくない
 軽い身体で、生命活動を快適にしたい」
とじゃんじゃん
脂肪を燃やしてくれること

--------------------------------------------------------------------------


昨日は、カロリーの数字だけみても
いろいろ違うんですよ
という例から
「食事誘発性熱産生」
「コルチゾール」をご紹介しました

消化するだけで消費されるカロリーが
食事誘発性熱産生
糖質や脂質が最大で14%くらいであるのに対して
タンパク質は33%もあるんですよね
(タンパク質は分子量がただでさえ大きい
ことも大きな要因)

同じものを食べてもその時の精神状態で
脂肪に変わったり、
or
グリコーゲンとして
蓄えられた後エネルギーとなる

大きく変わるのでしたね



「食べちゃったよ~ また太るよ~」
「吐いちゃったよ~
 なんで過食やめられないの~」

ストレスを抱えながらの食生活では
コルチゾールがたくさん分泌され
脂肪を生産したくなる体
になっていく負のスパイラルへ・・・

逆に
「美味しかった~」
「おなかすいてるってことは
今脂肪がケトン体に変わってるんだ~
ただ今脂肪分解・燃焼中♪♪嬉しい~」

食べ物に対してわくわくしていれば


ベータエンドロフィンや
セロトニン
ドーパミン
などの
ハッピーホルモンがたくさん分泌され
過剰な食欲が抑えられます



副交感神経を優位にしてくれるので
血流が良くなり
ミトコンドリア内の酸素が十分行き渡り
エネルギー産生が活発になります

血流が良くなることで
体のむくみがすっきりして
疲労回復だけではなく
爽快感・自信にもつながって
精神的デトックスにもなりますね
免疫力がアップするので疲れにくい
活動的な生活をおくれる
などなど数え上げればきりがありません


ストレスいっぱいで食べ物に向き合うのか
わくわくハッピー感謝の気持ちで
食べ物に向き合うのか

精神状態だけで
こんなにも
太る体質か痩せ体質か
運命の分かれ道ということ



-----------------------------------------------------------------------
前回のおさらいが長くなりすぎました(汗)
今日はアルコールについて
おしゃべりしてみたいと思います

「アルコールがエンプティーカロリーってどういうこと?」
えっと

結論から先にいうと

「ウォッカや糖分を含まない焼酎などの
 蒸留酒をロックなど原液で飲む
 だけなら
 皮下脂肪にはなりません



 ただし、肝臓に大きな負担をかけ
 中性脂肪がめちゃめちゃたまります
 (アルコール自体が中性脂肪になるわけでは
  ありません 詳しくはまた)」


結論の補足として
「アルコールそのものは太りませんが
 アルコールをたくさん摂取している時
 そのアルコールが消費される間に
 食べたものは、
 ダイレクトに脂肪になりやすい」



どういうことかというと
いったん
肝臓や筋肉中にグリコーゲンとして
糖質や脂質は貯蓄されてから
余った分が皮下脂肪などになるわけですが
貯蓄されないで直接脂肪になりやすいということ


るいべじの人体実験済です
飲んでた時

 血圧 180くらい
中性脂肪 350くらい (汗)


25~28歳の時が一番よく飲んでました
ベルリンの串揚げレストランで働いていたのですが
ラストオーダー12時と遅かったんですね
仕事終わって従業員で店内で飲む飲む飲む

空腹の方が酔いが回るというおろかな
理由で、ウォッカのロックをちびちび
当時は若かったんでたいてい朝まで
1本以上は必ずあけてました・・・

ばかなんで貯金もせず
でっかい失恋をきっかけに22の頃から
飲んだくれてたんですよね
私・・・

まず、27歳の頃に膀胱炎で病院行きまして
血圧測った後医者がびっくり
上が185だったんですよ

慢性化してない膀胱炎なんて薬で一発で
治るよ
あんた血圧なんとかしないと死ぬよ
って
27歳で言われて
これまたほったらかしてたんですよね・・・
若いし大丈夫~って
身体の心配なんてこれっぽっちも
してませんでした
太らなきゃいいや って
皮下脂肪以外の体に興味がなかったんです
たまに帰国後検診ではかる度に
血圧を注意されますが
医者は「まぁ若いんだし気を付けてね」
で済ますんですよね
健康診断なんてただの点数稼ぎの
ビジネス、さらりと流されますわ
(精神病の医療についてはまた
 いつか別のブログでみっちりやりたいと
 思います
 結論は 医者は何もしてくれなかった
 逆に薬漬けで鬱を長期化された
 です)


そして躁鬱病の治療をきっかけに
断酒スタートする
一番初めの血液検査
中性脂肪350ありました・・・
皮下脂肪は適正以下だったので
自分でもかなりびっくり

血圧も中性脂肪も断酒始めると
1~2か月であっという間に適正値に
戻りました
現在もおかげさまで
血圧の上110~125くらい
中性脂肪 50~80前後で
落ち着いております
(ついでに言うとガンマ値もすごかった・・・)


カロリーの嘘といいつつ
一応カロリーの紹介

1gあたり
アルコール 7kcal
糖質 4kcal
タンパク質 4kcal
脂質 9kcal
です


アルコールの「カロりー」自体は高いんですね

カロリー=ただの熱量ですから

水を少量でpowerfulにあっためられる
ってそういうことなだけなんです

アルコールだけだと
糖質もタンパク質も脂質も含まれないので
アルコールそのものは
糖質・脂肪になりようがありません

ただし、アルコール摂取している時に
とる糖質やタンパク質や脂質が

どうして

通常の食事の時以上に脂質になりやすいのか?

アルコールそのものは脂肪になりません



アルコールと食事を一緒に摂取する場合
もしくは
日本酒や甘口のワインなど
たくさんの糖質とアルコールを
一緒に摂取する場合


たとえば
アルコールを500kcal
糖質タンパク質脂質を500kcal
とったとします

アルコールを取らずに食事だけした場合
500kcalの食事が消化され
いったんグリコーゲンという形に
代謝されて肝臓や筋肉に貯蓄されます
あまれば脂肪に変わって貯蓄されます



アルコールと糖質タンパク質脂質を一緒に
摂取した場合


アルコールは先に消費されますから
アルコール分500kcalが
先に一生懸命消費されています
その時に一緒に摂取される
500kcalの糖質タンパク質脂質は
アルコールのエネルギーが余っている
段階では
「余分なエネルギー」
だと体で認識されるわけです

通常であれば
ゆっくり「こいつは余分な脂肪に
なるべきエネルギー」と判断される
時間的余裕が与えられます
その間に
私達はプチ断食をしたり
エネルギーを作り出す為の
酵素を取り入れたりして
脂肪に変わることを阻止すればよいのです

なのに


アルコールという
ダミーエネルギー
が入る
その為に
ダイレクトに
糖質タンパク質脂質の500kcal達は
「あ、こいつらは脂肪にするための
 余りのエネルギーだな」
と速攻判断・処理されます
(脂肪に変わりやすい理由は他にも、
肝臓に負担がかかり解毒でいっぱいいっぱい
代謝に回る能力まで残らない
などいろいろな理由があります)


脂肪に変わるまでに阻止する為の
時間がめちゃ少ない
もしくは与えられないということです



説明がやっぱり下手ですかね・・・(汗)
お分かりいただけましたでしょうか?

なので20代後半から
カロリーにすると
1瓶750ccとして 
(だいたい35~40度のウォッカを飲んでました)
お酒だけで2000~2500kcal!!!
プラス食事を1000~1500kcal摂取してましたから

毎日
3000~4000kcal 摂取してたことになります



毎晩アルコール摂取していたるいべじ・・・


食事は翌日の二日酔いが取れる
夕方までは一切とらなかったので
おかげさまで
皮下脂肪になることは
ありませんでした



それが良いこととはもちろんいいません
お伝えしたいことは

アルコール自体のカロリーは
気にかけても意味がありません


せっかくなので
お酒の雰囲気を是非楽しむ方に
全力投球しましょう♪♪


その時に注意することは

① 食べすぎない

(酔うと食欲に拍車がかかります
 体が栄養をいつも以上に求めます)
 空腹で飲むと胃に悪いと言いますが
 この瞬間瞬間の食べすぎに注意するべきです

② 糖質を含むお酒を飲みすぎない
 (食事のおともには
  日本酒 ワインを適度に
  個人的には焼酎は食文化としては
  食事との相性はあまりいいものは少ないと
  感じています
  焼酎は焼酎だけでいろんな味を楽しみたいですね
  その後バーでは
  スピリッツをベースにさっぱりした
  カクテルなど♪)

③ 翌日48時間以内は
ストレスの無い範囲で摂食モード プチ断食

ただしフルーツや生野菜など
身体が喜ぶ酵素系はたっぷりと

 


一度アルコール依存症になったるいべじは
もう一生断酒です

私は100人分くらいの一生分のアルコールを
摂取しましたから(笑)

アルコールのカロリー表記を
無駄に気にする必要がないことは
ご理解いただけたと思います

今後は皆様はアルコール自体のカロリーに
びくびくしないでくださいね

アルコールを適度に
素敵なわくわくやときめきの時間の為に
おおいに楽しんで下さい♪♪

カロリーの嘘 その①

同じ「カロリー」でも
摂取の仕方、消費の仕方で
太る・痩せる
大きく運命が変わります

人間カロリーを減らせば痩せる
なんて単純なもんじゃありません


食べすぎた翌日は
プチ断食、
朝はフルーツだけ

を推奨するるいべじですが
いろんなカロリーの嘘 ネタも
日々意識しながら
体の本当の声を聴くようにしています♪

プチ断食で
体の声をきけるようになれば
カロリーがいかに机上の空論か
分かってきますよ


たとえば
 「食事誘発性熱産生」

たとえば
「ストレス=太る 所以のコルチゾール」


たとえば
 アルコールがエンプティーカロリーって
 どういうこと?


たとえば
 生理の後は痩せモード♪

たとえば
 同じ運動でも
 成長ホルモンを味方につけないと
 時間の無駄だらけ


などなどなどなど
今日は前半だけ書いてみたいと思います
詳しく書く前に一言・・・

ふぅ
ブログ、数日さぼってしまいました~
初めてブログを6月末からスタートしましたが
とっても良いですね
自分の中の情報を整理したいって気持ちになる
日々の情報の取り入れ方も、意識的に
整理しながらのインプットに変化してる
そんな自分の成長、ブログのおかげだなぁとひしひし

7月末で過食嘔吐をやめるまでは
アルコールやたばこをやめた時と同じように
我慢せず、したい時にはOK
と自分で決めていますが
逆に、しようと今のところなっていません
6月はあれだけ毎日過食の衝動と
闘ってたのがウソのよう・・・

いやはや、これまで日記もつけていなかった私
ブログさまさまです☆
無理するとすぐやめてしまいそうなので
のんびり続けていきたいと思います。


今日から数回に分けて
「余ったカロリーが脂肪になる」の嘘
について閑話休題など挟みながら
つづっていきたいと思います


そもそもカロリーって??


1gの水の温度を1度上昇させる為に
必要なエネルギーです
(1kcal = 1000cal)

それだけです

それだけ?

はい、
それだけです

「脂肪が1g9kcalだから
毎日基準摂取量より270kcal減らせば
一か月で
270 kcal × 30日 
= 8,100 kcal

8100 kcal ÷ 9kcal
= 900g

減るのかー
思ったより少ないな」

なんてのは大嘘です
ただの数字遊びにすぎません

だって
エネルギーを生み出す目安にはなります



体がそれをエネルギーに変えるのか
エネルギーではなく脂肪として蓄えるのか

はたまた排出してしまうのか

という
肝心の事柄は
カロリーの多い少ないとは無関係
じゃないですか

食べ方・その時の体の状態
精神状態
様々な要因で

同じカロリーでも

脂肪として蓄えられたり
エネルギーとして排出されたり
使われ方は大きく変わりますよね?


一生懸命カロリー計算をして
ダイエット日記をつけるよりも

コンビニでカロリー見比べて
どのスィーツを食べようか悩むよりも

一生懸命運動してカロリーを消費しようとしても
(運動に関しては別の時に詳しく
 取り上げたいと思います)


それだけじゃぁ、労力の無駄使いです

その後のケアを同時に行わなくては



その摂取したものを脂肪に変えないためには?

トータルカロリーが少なくても
食べ方が悪ければ太ります

昨日の酵素の話で勘の良い方は
分かって下さって
いらっしゃると思います。


カロリー摂取が少なくても
体に不必要なものばかり入れて
酵素的なものが少なければ
体は
「まだまだ足りないよ~ 
私餓死したくないんですけど?

 今入ってきたものとりあえず
 脂肪で貯金しとくわ」

って
せっせせっせと
節約モード・貯蓄モードにまっしぐらです

食べていても
足りない足りない

さらなる食欲まであおります


これはカロリーをオーバーしている
食べすぎの場合でも同じこと

添加物たっぷり、AGEたっぷりの
栄養が不足の食事ばかりだと

満腹感は一時的に神経が刺激された時だけ
しばらくすると体が
「足りない 足りない」と
必要な食べ物を求めます
さっきおなか一杯だったのに
止まらなくなる食欲

ありますよね

食事で脳が刺激を受けて
必要な栄養素を受け取る準備をしているのに
必要な栄養素が入ってきていないから
「えっと・・・まだですか?」
って状況がこの
止まらない食欲の正体です


過食嘔吐する方はよくよく体でご存じですよね
あれは左脳レベルでとめられる食欲では
ないですよね
脳にそういうスイッチが入るから
当たり前のことのようです



工夫次第で同じカロリーでも
脂肪になりやすくもなるし
脂肪になりにくくなる
ネタをいくつか


*たとえば
 「食事誘発性熱産生」
 

 摂取した食事が代謝される為だけに
 エネルギーが発生します
 タンパク質で約33%♪♪ 糖質 脂質で 約14%
 (糖質脂質は説によりまちまち 5%~20%以内)

 消化される為だけにタンパク質の
 100Kcalのうち33kcalは
 体内に残らないということ
 同じカロリー摂取でも随分差が
 タンパク質 約30%
 と
 糖質 脂質 約10%
 だとしても差が大きいですねぇ



*たとえば

精神状態の関わり

 コルチゾール,

(他ベータエンドロフィン、セロトニン、アドレナリン etc)

精神状態により同じカロリーを
摂取しても太ったり痩せたり

「ダイエットがんばらなきゃ」
「おなかすいたけどがまんしなきゃ」
「こんなに運動してるのになんで痩せないの ??」


 ダイエットがんばる程うまくいかず
 意外と何も意識せず普通に食べてるときに
 すっと体重が落ちたりしますよね
 

 ストレスを感じる時分泌される
 コルチゾール
  脂肪をできるだけ守ろうというスイッチをオンにします



  こんな時逆に利用するべきは
  ベータエンドロフィン

  ランナーズハイなどでよく聞く、人間が
  極限状態になった時に分泌される「気持ちよくなる
  脳内麻薬」これ、空腹を感じた時にも
  あるレベルを超えれば分泌されます
  空腹時間中は
  お世話になりましょう♪
  逆におなかすいたーとストレスばかりだと
  同じカロリー摂取の食生活でも
  コルチゾール分泌体質で逆に太りやすいということです


続きはまた今度♪

下記はおまけの
前回のおさらいです

「食べすぎた翌日にプチ断食」
「朝食をフルーツだけ」

るいべじ推奨ダイエットポイントの理由


酵素
(ここでは他ビタミンミネラルなども統括した意味で使用)

のさまざまな働きのうち
下記を今回は注目

☆代謝酵素 
エネルギーを糖質から
 糖質が少なくなると脂肪から作り出す
 など、痩せモードの為の酵素

☆消化酵素
栄養分の消化に加え、
体に入った、不必要なもの
 を解毒・排出する為の酵素

夕食の後の睡眠中

間食をとらず空腹を感じている時

プチ断食
など

(夕食後・睡眠中)
食事の後空腹の時間が続くと
体内は酵素である程度は
解毒されます



空腹時間中に
体内がある程度酵素で
デトックスされたら



(朝食)
その後に入ってくる酵素は
エネルギーを作り出すことに専念
できます♪



この時の血糖内には糖分はほとんど残っていませんから
(果物の果糖のみ 血糖値の上がり方は
 ゆるやか)
内臓の活動、日常活動、代謝などの
エネルギーはどこから作られるのか?



脂肪から作るしかない♪♪
(一部肝臓や筋肉のグリコーゲンからも)


という理屈です
朝食をパンやごはんなど「しっかり」摂取することは

消化にかなり労力のかかる
食べ物を摂取する

酵素がまた、エネルギーを作り出しながら
解毒・排出もしなくてはいけないという
重労働に
脂肪を分解する酵素は残りません

以上、前回のおさらいでした
続けて今で1ヶ月くらい?
あれ?気づいたら3ヶ月目じゃん!!
っていうくらい全然空腹のストレスがない(笑笑)

がデトックスされてだけに調子がいいので
(オヤジギャグ大好きでごめんなさい☆)
お肌もめっちゃふっくらつやつやしてきて
めちゃご機嫌です♪

串揚げも
神戸牛も
母の誕生日にチーズもベーコンも
パテもフランスパンも
満足いくまで食べたのに
体重維持♪
ちゃんと吐き出さず食べれました!

今日の晩御飯はなんだろな~

酵素はね、ほんとはね、余分な脂肪を分解・燃焼したいのです☆ なのにね・・・(涙)

ふ~
毎日蒸し暑くなってきましたね
この暑さで炭酸水が益々美味しい
近頃はコンビニでも炭酸水がいろいろ出ていてありがたいです
(ついアルコールフリービールに手が伸びそう
 たまに手が伸びてるるいべじです)
今年は前から気になっていた「水素水」初トライです
来週自宅に到着予定、3ヶ月目くらいで結果ブログで報告しますね
体調がさらに整うこと、今からわくわくしています♪♪


さて、
「朝フルーツだけ」がどうしておすすめなのか
細かい話は後日ゆっくりすることにして
今日はざっくりと説明してみたいと思います


まず、そもそも
普段私達が摂取している食べ物って
下記におおざっぱに分けられると思うのです

① 体(代謝など自律的なものを含む)を
動かすエネルギーになるもの

余剰は脂肪として蓄えられるもの

② 体がエネルギーを生み出す為の
ガソリンだったり円滑油的存在のもの
(内臓の活動、ホルモン・酵素分泌すべてを含む)

③ 体そのものになるもの(筋肉や骨など)

④ 体にとって害のあるもの


① =主に炭水化物 脂肪
② =主にビタミン ミネラル ファイトケミカル 酵素
③ =タンパク質 ミネラル
④ =食品添加物 農薬 トランス脂肪酸 
AGEを多く含むもの全般 諸々



(上記はあくまで現代の常識です

たとえば、アフリカのある原住民は
ほぼ毎日さつまいもばかり摂取しているにも関わらず
男性はみな超マッチョセクシー
♪だったり、

普段ゲルソン療法かってくらいのベジタリアンの人
健康で長生きされているケースが良く見受けられたり

と、腸内細菌によって食物繊維がなんらかの
アミノ酸に生まれ変わるのでは
タンパク質を取らなければ筋肉が作れない、は過去の常識かも
という仮説もあるくらい

動物の体、自然の恵み、ほんと奇跡のような存在ですよね・・・)




②の役割は、
その種類ごとに様々な役割がありますが

☆体の細胞一つ一つにたくさん存在するエネルギー工場

=ミトコンドリア

の中で、
ATPと呼ばれるエネルギーを
生み出す為のガソリン的役割


=エネルギーが足りなくなれば
 脂肪を分解してケトン体にし
 燃焼する役割

☆体にとって不要な④を排出する役割

の2つの役割に注目してみます


その2点を踏まえた上で夕食を取った後の
体内はどのような環境か想像してみましょう


夕食で、
体に必要な栄養

体に害のあるもの
を一緒に摂取

↓睡眠中

②は必要な栄養をエネルギーに替える為に
全力を尽くしたいのです




この時、並行して
体に害のある④を排出する為にも働かなくては
ならないという状況です

↓起床

まだ体に害があるものが残っているとはいえ
随分体内の浄化が進みました

これでやっと内臓が働く為
生きていくために必要なエネルギーを
作ることに②は
専念できる状況

になりました♪

-------------------------------------------------------


↓朝食
フルーツだけのケース


さらに②を追加してやることで
益々活動の為のエネルギーをガンガン
作ることができます

血液内の糖分は代謝されているので
肝臓内や筋肉内のグリコーゲン
OR
!!! 脂肪 !!!
からエネルギーを作り出せる状況です


------------------------------------------------------

↓朝食
パンにマーガリン

ご飯にお味噌汁
加熱したものを摂取するケース



せっかく体に害のあるものを排除して
エネルギーを作り出すのに
②が専念できる状況になったと
思った途端に
またスタートに戻る・・・・(涙)です


脂肪を分解 燃焼 する暇があったら
① のような炭水化物や
体に害のある④を排出するのに
働け~ 働け~
と、脂肪は今まで通り貯蓄されたまま

入ってきたものの処理だけで
② はいっぱいいっぱいの状況



---------------------------------------------------

というわけです
すいません・・わかりづらいですよね・・・・


断食の短いバージョンを
私達は寝ている間にしているということ


断食

体の排出モードオンの
準備期間

余分な害が排出された後
に、②をふんだんに摂取することで
エネルギーが足りていない体から

脂肪からエネルギーを
超効率的に生み出せる


脂肪を分解・燃焼させる



空腹が必要というのもまったく同じ理由です

ちょこちょこ食事を分けて食べることを推奨する
専門家がいますが私は反対です

空腹時間を作ることで
血液内の糖分が足りなくなる



体が自分で脂肪をケトン体(糖質の代わりになる)
に変え
自分で血糖値を上げる




脂肪が分解 燃焼される


「おなかすいた~」ってピークを感じてしばらく
我慢するとなんだかましになってますよね

まさしく、その時に自分で血糖内に
脂肪からの糖分を分泌している為
空腹感が和らいでいるのだそう

「おなかすいた~」

「お~ 今まさしく脂肪が分解されてる~
 このままにしておけば燃焼される~
 嬉しい~♪」



って空腹をストレスに感じるのではなく
  空腹を「楽しむ」のです♪



脂肪分解・燃焼
=エネルギー産生に必要な
 酵素などの②
  +
 空腹の時間


です

上記がかなりポイントだと思うので
うまくシンプルに説明できるようになる為
たぶん何度でもしつこく記事にしていくと
思います・・・
きっと動画とかパワーポイントとか
挿入できたらいいんだろうなぁ
今は画像でさえ挿入の仕方が分からない
有様・・・・

ぼっくらぼっくら精進致します

あ、カロリーがどうして意味がないのか
の話は
続きは明日にします

コーヒーに砂糖をいれるのを毎日我慢すれば
1年で○○キロ減になる
なんて単純な話をいまだにしている
アドバイザーが多すぎる
嘆かわしすぎる

人間そんな単純じゃありません

カロリーオーバーで痩せる時期もあれば
カロリー足りてないのに太る時期があるんです・・・



今日の晩御飯は
サンマ
ズッキーニとしめじとパプリカの
オリーブオイル炒め
キムチトマトときゅうりのたたき
でした
美味しかった♪♪

 
プロフィール

るいべじ

Author:るいべじ
食べても食べても満たされなくて
食べて吐いてを10年以上繰り返してきました

ずっとずっと習慣化してしまった
「痩せなきゃ」から自由になりたい!!
なのに飢餓状態の身体は
食べてないのに、アホほど運動してるのに
じりじりと太っていきました


双極性障害発症をきっかけに
アルコール依存症(10年)と、タバコ依存症(16年)
患っていましたが、3年前から克服しました。

今後も再発の心配はないと確信できています。
同じ悩みをお持ちの方にこのことで私に
お伝えできることもアウトプットしていきたいと
思っています。

ブログに疎くて、見易さや情報の紹介などはじめは拙くて
まことに恐縮です・・・
ゆっくりですが、見やすいように精進しますので
関心のある方、気が向かれたらまた覗きに来てください

私の変化を冷やかしにいらしてくださるお心持ちだと
大変光栄です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。